ビジネス総合力養成講座「京都D-School」オープニングセミナー
[レポート著/亀田真司]

2013年5月25日、公益財団法人 京都高度技術研究所アステム(ASTEM)が主催するビジネス総合力養成講座「京都 D-School」のオープニングセミナーが開催され、京都を代表する大企業から中小企業、ベンチャー企業、ベンチャーキャピタルなど様々な顔ぶれが集まった。

午前は同志社大学教授 山口栄一氏によるイノベーションの講義、午後は、京都D-Schoolが年間通して実践するビジネスモデルを紐解くツール「ビジネスモデルキャンバス」(出典:ビジネスモデルジェネレーション/翔泳社)のワークショップを翻訳者である小山龍介氏の指導のもと参加者全員で実践した。オープニングセミナーはYouTube動画で見ることができる。(http://www.youtube.com/user/KyotoDSchool/)。ここでは、講演内容とワークショップのサマリーをレポートするので動画と併せてご覧いただきたい。

第2部 ビジネスモデルキャンバスとビジネスモデルパターン

午後は、新しいビジネスモデルを創造するための実践ガイド「ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書/翔泳社」の翻訳者である小山龍介氏による講義。ワークショップを通して、ビジネスモデルキャンバス(BMC www.businessmodelgeneration.com)とパターンを理解する。
第一部のレポートはこちら) 

0008 (小山龍介氏)

BMCは、ビジネスモデルに必要な要素を9つのブロックに分け、組み立てたもので、「どのように価値を創造し顧客に届けるかを論理的かつ構造的に記述したもの」である。 

0009 www.businessmodelgeneration.com

キャンバスを使えば、ビジネスモデルを建築物のように捉えることもできる。ビジネスモデルの大黒柱は顧客提案であり、土台には収益やコストがあるという。内外の境目に顧客セグメントとパートナーがあり、内部には顧客側要素の「チャネル」「顧客との関係」があり、企業側要素の「リソース」「主要活動」がある。 

0010 www.businessmodelgeneration.com (図:ビジネスの構造設計図/小山龍介氏)

ワークショップと質疑応答

ワークショップでは、3つの事例について仮説分析を行った後、参加者による質疑応答を行い、全員で理解を深める。

実在の企業のビジネスモデル事例をもとに「1つのブロックが変化することで、ビジネスモデル全体がどのような影響を受け、変化するのか」参加者が手を動かしながら仮説と検証を行った。

【小山氏から出題された事例】

  • マーケットが飽和し、顧客セグメントが変化すると、どうなるのか?
  • 顧客との関係を変化させると、どうなるのか?
  • パートナーを顧客と考えると、どうなるのか?

0011 (ワークショップ参加者の様子)

全体を把握できるシンプルな図解モデル

ビジネスモデルキャンバスは、ビジネス全体を把握できるシンプルな図解モデルであり、3つの特徴がある。

  • ①共通言語で議論ができる
    分野や職種が異なる専門家を集めて、多様性の高いチーム作りをすると、全てのブロックに対してもれなくアプローチができる。
  • ②複数のモデルを比較できる
    複数のビジネスモデルを検討することで、より実現可能性の高いプランを選ぶことができる。
  • ③全体像を直感的に理解できる
    ビジネスモデル全体を、1枚の紙に構造物として見える化できるので、屋台骨の強度や各要素の関連性を直感的、感覚的に理解できる。

この3つの特徴を実践し、実感するために後半のワークショップでは、参加者4~5名のチーム毎に、ビジネスモデルを考察した。即席的ではあるが多様な分野・職種がキャンバスという共通言語で話し合い、クロスファンクショナルチームを体感した。

0012

0013 (図:チームでワークショップ)

キャンバスを活用するには

最後に、企業へのキャンバスの導入例として次のような提案がなされた。

(1) 新規事業フレーム
新規事業企画の企画立案で活用する
(2) 商品開発フレーム
ビジネスモデルを含んだ商品開発に活かす
ものづくりからコトづくりへ
(3) ソリューション提案フレーム
クライアントのビジネスを理解する
統合された質の高い提案のフレームとして活用する
(4) 経営管理フレーム
異なるビジネスモデルの統合、分離の検討


【筆者感想】
京都が世界に誇る伝統文化、伝統技術に、現代的な価値付けを行い、ビジネスモデルとして市場にイノベーションを起こすことが日本復興の一つの鍵である。1年間通して、参加者がビジネスモデルキャンバスという共通言語を用い、分野や職種、企業を越えた共鳴場を形成し、イノベーティブな価値提案が実践されることに大きく期待される。

レポート筆者:亀田真司
1981年大阪生まれ。即興を主とした音楽家としてコンテンポラリーダンス等に作品を提供。駒場アゴラ劇場などで公演、演奏を行う。その後、ITベンチャー企業でIA・デザイン・Webマーケティングを担当。現在フリーランスとしてセミナー、ワークショップ、読書会を通じてビジネスモデル、デザイン思考のワークショップを開催。2013年度、京都D-Schoolの公式サポーターとして、年間を通してレポートと動画配信を行う。