日時:2013年6月29日(土)/30日(日) 10:30~17:50 場所:京都高度技術研究所(ASTEM) 10F

顧客は「何故、あなたから商品/サービスを購入するのか?」ということを徹底的に考える2日間です。

初日は、開講記念講演で、ビジネスをすすめる上での仮説検証の重要性を認識していただくために「仮説のマネジメント」をテーマに講義いただくほか、顧客の購買動機を分析する「アトリビュートマップ」の活用方法を紹介し、グループによるワークショップを通して、その習熟を図ります。2日目は、顧客の感性に響く商品・サービスとは何かをテーマに、感性価値の高い商品やサービスをいかに生み出すかを徹底的に考える「価値要素採掘マップ」の活用方法を紹介し、グループによるワークショップを通して、その習熟を図ります。

6月29日(土)
開講記念講演II 10:30~12:00
講師:大江 建 氏(大江事務所 代表、元早稲田大学 ビジネス研究科 教授)

日本大学理工学部卒業後、プリンストン大学天体物理研究所フルブライト研究員を経て、メリーランド大学にてPh.Dを、コロンビア大学にてMBAを取得。また、社内起業研究会を主宰され、新規事業や社内ベンチャーの支援、事業評価のためのメソッドを開発され、その成果を実際のコンサルティング等に活かしておられます。 【主な著書】「なぜ新規事業は成功しないのか」(日本経済新聞出版社)他

長年、ご提唱されている「仮説のマネジメント」についてのご講義を賜り、年間を通じて体感いただくビジネスモデル構築プロセスの概念を理解していただきます。

顧客デザインI -顧客インサイト実践①- 13:00~17:50
講師:岡田 康子 氏(総合コンサルティング オアシス 代表取締役)

社内起業研究会を運営し、「新しい事業を如何にして生み出すか」「如何にして成功に導くか」を研究してこられました。また、「仕事に関与する人々が、持てる能力を最大限に発揮し、いきいきと個性を活かして仕事をするためにはどうしたらよいか」ということを模索し続け、多数の企業コンサルティングや社員教育に携わっておられます。

顧客の購買動機を分析する「アトリビュートマップ」をご紹介いただき、その活用法をワークショップを通じて理解していただきます。

6月30日(日)
オリエンテーション -テーマのご紹介- 10:30~12:00

本講座で体感いただくビジネスモデル構築プロセスの通年テーマを、戦略としてデザインを活用したプロデュース業務に多く携わっておられるムラタチアキ先生の提言を通して理解していただきます。

顧客デザインII -顧客インサイト実践②- 13:00~17:50
講師:小阪 裕司 氏(オラクルひと・しくみ研究所 代表、九州大学客員教授/日本感性工学会 理事)

大手小売業にて店舗運営などに従事され、”人間の消費行動”を探求してこられました。その後、広告代理店を経て、「オラクルひと・しくみ研究所」を設立。”人間の感性と行動”を中心とする独自のアプローチで数々のプロジェクトを手がけられたほか、現在は実践企業の会を通して、企業のビジネス活動を幅広くサポートしておられます。 【主な著書】「お客さまの「特別」になる方法」(角川書店)、「「心の時代」にモノを売る方法」(角川oneテーマ) 「価値創造の思考法」(東洋経済新報社)、「「買いたい!」のスイッチを押す方法」(角川書店)他

「顧客は何故、今あなたから商品・サービスを購入しなければならないのか」というビジネスにおける究極の質問に答えられるように「価値要素採掘マップ」を活用して顧客価値を徹底的に追求します。

このセミナーを含む「京都D-School」の申し込みはこちら。 → 申し込む お問合わせ先 (公財)京都高度技術研究所 「京都D-School」 事務局 担当:更田(さらた)・高橋(たかはし) TEL:075-315-6725 Mail:office(@)mot.astem.or.jp *(@)を@にご変更下さい